第六回  半空文学賞
ラジオストーリープロジェクト

〜 ラジオが奏でる文学の音色 〜



平成27年より始まった半空文学賞は、毎回テーマに沿って、A4用紙1枚に収まる作品であれば、小説やエッセイ、詩、短歌などジャンルを問わず幅広く募集し、初めて文章を書く応募者を歓迎してきました。第六回となる今回のテーマは「ラジオ」。令和3年1月より原稿の募集を開始します。

また、西日本放送株式会社様のご協力のもと、半空文学賞の活動について紹介するラジオ番組と連動して、文学をより多くの人に楽しんでいただけるよう取り組んでまいります。


第六回 半空文学賞 募集概要

テーマ ラジオ
応募規定

「ラジオ」にまつわるA4用紙片面1枚の文章 

(随筆、詩、小説、短歌、俳句、エッセイ等) 

※持ち込み/郵送のみ受付

応募期間

令和3年1月1日~令和3年4月30日

※当日消印有効

入賞発表

令和3年9月7日

RNCラジオ「街の小さな文学賞」番組内にて発表

送付・投函

 半空文学賞実行委員会(株式会社 半空)

〒760-0052 香川県高松市瓦町 1-10-18 北原ビル2階

TEL 087-861-3070 

協力

西日本放送株式会社

後援 香川県

審査員

中村 卓朗(西日本放送株式会社 代表取締役社長)
真鍋 康正(高松琴平電気鉄道株式会社 代表取締役社長)
曽我部 恵一(ミュージシャン)
増山 実(小説家)
イワサトミキ(画家)
波のりラジオ パリパリタイプ 一同
岡田 陽介(半空文学賞 主宰)
半空文学賞実行委員会

募集要項

ダウンロード
第六回半空文学賞募集要項
デザイン:イワサトミキ
nakazora-6th-flyer.pdf
PDFファイル 5.2 MB

ラジオストーリープロジェクトとは



撮影:近藤拓海

語り手と聞き手の距離が近く、幅広い世代に長く愛されてきたラジオ。

それぞれの人の中にある『ラジオ』の存在を文芸作品を通じて、多くの人に楽しんでいただくためのプロジェクトです。

 平成30年よりRNCラジオ番組「波のりラジオ パリパリタイプ」に出演させていただいて、メールやFAXで感想をたくさんお寄せいただいているのを拝見しました。若い方から年配の方まで、幅広い世代にラジオが聞かれていることを実感しました。

 コロナウイルスによる自粛要請を受け、お店でも以前と比べてお客様とお話する機会や時間が減りました。そのとき僕自身もラジオをよく聞くようになりました。テレビやインターネット動画と違って、ラジオのパーソナリティやゲストの方々と1対1でいるような、すぐ近くで一緒に喋っているような気持ちに感じられたからです。

 コロナウイルスの影響で多くの人たちに、生活や価値観の変化が起きたと思います。文学賞を通じて体験やエピソードを出していただくということは、「コロナ後の人の変化」を知っていただくことにもなると思います。

 古くから愛されてきた「ラジオ」。その価値が見直された「ラジオ」と「文学」をつなげることにより、ユーモアや感動を通じて『これからの人と社会の関わり方』も、それぞれの人の中に立ち上がる意味があるのではないかと思います。

 

半空文学賞 主宰 岡田 陽介


ラジオ番組 『街の小さな文学賞』



半空文学賞の取り組みについて紹介するラジオ番組です。

 

放送局 RNCラジオ FM90.3/AM1449

radikoでスマートフォン・パソコン等からも

お楽しみいただけます。

放送日 令和3年1月5日(火)より

第1・3火曜日 23:45 ~ 24:00

 

パーソナリティ

岡田 陽介(珈琲と本と音楽半空 店主)

中桐 康介(RNCアナウンサー)

 

第14回(2021年7月20放送) 

第13回(2021年7月6放送)  

第12回(2021年6月15放送)  

第11回(2021年6月1放送) 

第10回(2021年5月18日放送) 

第9回(2021年5月4日放送)

第8回(2021年4月20日放送)

第7回(2021年4月6日放送)

第6回(2021年3月16日放送) 

第5回(2021年3月2日放送)

第4回(2021年2月16日放送)

第3回(2021年2月2日放送)

第2回(2021年1月19日放送)

第1回(2021年1月5日放送)


※ 応募された文章に関する諸権利は、弊社が管理することとし、原稿は返却いたしません。

応募された方の個人情報は本文学賞以外の目的に利用することはありません。

株式会社半空 nakazora.jp

〒760-0052

香川県高松市瓦町 1-10-18 北原ビル 2F

TEL : 087-861-3070